輪郭形成についてと効果

ケアを日頃からしていくことも顔を小さくするため


輪郭形成を行なう場合、自分はどんな輪郭にしたいのかどのような形が理想なのかを考える必要があります。施術を受けたいという場合には、信頼のできる病院やクリニックを探し、納得がいくまで医師と相談することが大切です。骨の状態などによって自分の希望が必ず通るとは限りませんが、専門家からしっかり説明を聞くことが理想の顔に近づくためには必要で、顔全体は年齢によって変化していくことも考えることが重要です。もとから骨が大きかったり、すると手術をすることをおすすめしますが、生活習慣によって顔が歪んでいることも考えられます。そのため、生活習慣や自分の癖などを考えて見直していくことも顔を小さくすることには重要なことになります。歯を食いしばっていたりすると、エラのあたりの筋肉は大きくなってしまい骨も肥大化させてしまいます。そのためには歯の食いしばりを意識して止めることが良いとされています。また、この状態になると顎の筋肉はこってしまうため耳の下あたりからエラのあたりまで優しくマッサージしていったり、顔のストレッチをしていくことで歪みをとっていくなどのケアを日頃からしていくことも顔を小さくするためにはおすすめです。輪郭を綺麗に形成しても日頃か歪む習慣を続けていては意味がなく、また歪みのもととなってしまいます。コンプレックスを増やさないためにも日頃から、食いしばりや頬杖など顔が歪んでしまう習慣を止めてマッサージやストレッチなどでケアしていくことが大切です。


top→顔のバランスが崩れてしまう効果
top